Soctec適正診断へ
計測のプロになろう
過去の計測事例
お仕事レポート
トピックス
業務案内

地盤改良施工管理システム

地盤改良施工管理システムは、パワーブレンダーを使用した土質改良の現場において、施工のムラ・無駄を減らすために、座標データ・各種観測位置データを利用して、パワーブレンダー改良範囲をcmオーダーでリアルタイム計測・記録するためのシステムです。

地盤改良施工管理システム

 

システムの特徴

位置情報によりトレンチャー(かくはん機)位置管理

  • GPSとパソコンを組合せることで、掘削作業者が常に施工状況を容易に把握することが可能です。

  • 従来はレーザーレベルにて管理しており、施工範囲が移動する毎に機械を据え直す必要がありましたが、GPSを使用することで設置手間が不要となります。


トレンチャーの位置を3次元的に把握可能

  • 改良施工範囲の平面的な管理は各オペレーターの技量によるところが大きかったですが、本システムを用いることにより『平面的+深度方向』の管理が可能になるため、施工範囲を一体的に管理できます。

  • 施工ヤードの絶対位置がわかるため、各施工エリアの測量の手間を省くことが可能となります。


改良範囲の重複部分を最小限に抑えることが出来る

  • 改良範囲の重複をなくすことで、無駄なコストを省き、工期短縮につながります。


トータルステーション(TS)による計測にも対応

  • GPSによる計測以外に、トレンチャーにプリズムを取り付け、TSで計測することで同様の施工管理が可能です。

  • 地下や屋内など、GPSの受信ができない場所での施工でも適用可能です。

トータルステーション(TS)による計測にも対応

 

システム設置概要

地盤改良施工管理システム設置概要

  • 傾斜センサをアームとブームの2箇所に取り付けます。
    センサの信号を使って重機からの相対的な位置を取得し、GPSアンテナの位置情報と統合することで絶対位置にて管理が可能となります。

  • パワーブレンダーのオペレータに現在の進捗状況を視覚的に伝え、操作の判断を助けることで、施工の高品質化が期待できます。


システム画面表示例

システム画面表示例(施工前)

   施 工 前   

塗りつぶしが行われていない状態です。


システム画面表示例(施工中)

   施 工 中   

    所定の深度内に達すると、塗りつぶしが行われます。

    ※通過した回数により、色分けされて表示されます。


    システム画面表示例(施工完了)

     施 工 完 了 

    施工エリア全ての範囲に達し、塗りつぶしが完了になります。