Soctec適正診断へ
計測のプロになろう
過去の計測事例
お仕事レポート
トピックス
業務案内

函内携帯型表示器(PDA)[NETIS登録]

持ち運べる表示器でデータ提供を高速化。姿勢監視システムをさらに活用するための情報提供ツールです。

NETIS登録番号:CB-120034-A(登録技術名称:携帯端末を利用した情報配信システム)

函内携帯型表示器


システムの特徴

簡単・スムーズなデータ確認

端末を作業員が各自携帯する、もしくは函内の建設機械に搭載することで、必要な時にすぐデータを確認できます。

従来の固定型表示器のように、広い函内で表示器が遠く見え難くなるというわずらわしさもありません。

作業員各自が携帯
建設機械へ搭載


函内でも管理室と同等のデータ項目を確認

携帯表示端末のインターネットブラウザを介したデータ提供により、沈設量差以外の複数のデータ項目についても函内にいながら確認することが可能となります。

固定型表示器

   固定型表示器   

  • 表示項目/沈設量差のみ

携帯表示端末

   携帯表示端末   

  • 表示項目/沈設量差、函内気圧、沈下量、ガス濃度など

 

無線APを使用したシンプルな機器構成

無線AP(アクセスポイント)を使用することにより、函内が配線で混雑しません。

無線APを使用したシンプルな機器構成

 

携帯型の利点を活かしたコスト削減

大型ケーソンや複数ケーソンの現場において、運用方法を工夫することで機材コストを削減することができます。


ローカルネットワーク間で端末同士の通話が可能

端末に通話用アプリをインストールすることで、場内の端末同士の通話が可能になります。