Soctec適正診断へ
計測のプロになろう
過去の計測事例
お仕事レポート
トピックス
業務案内

マンロック退函監視システム[NETIS登録]

退函監視システムは、減圧症防止のための安全管理の徹底を目的としたシステムです。

NETIS登録番号:CB‐120017‐VE(登録技術名称:高気圧作業における退函監視システム)

マンロック退函監視システム

 

システムの特徴

減圧指標をシステムが自動選択

  • 作業時間と函内圧力のデータから、自動的に適切な減圧指標を提示します。

  • 複雑な計算作業の手間を軽減し、ミスを排除することにより、作業効率と安全性が向上します。


減圧状況がグラフで見える

  • 適正な減圧指標(理想値)をシステムが選択し、現在圧力値(実測値)と重ねてグラフ表示します。

  • バルブ操作をおこなう作業員がひと目で状況を把握し、適切な減圧速度調整が可能です。

減圧状況がグラフで見える

過去の減圧データの閲覧・帳票出力が可能

  • 減圧状況のデータは自動的にシステムパソコン内に記録されます。

  • 専用のビューアソフトを使用し、過去の減圧のデータを閲覧・印刷できます。

  • データを基にして管理帳票(Excelファイル)を出力する機能を備えています。

過去の減圧データの閲覧・帳票出力が可能

個人単位での管理で、より自由な入退函が可能

  • データの管理は入函した時のグループではなく、個人単位で行われるため、減圧時に入函のグループごとに集まって減圧を行わなければならないという制約はありません。

  • グループでの減圧時は最大作業時間の作業員に合わせた減圧指標が採用されます。

個人単位での管理で、より自由な入退函が可能

管理室内とマンロック内で同じ画面を共有

  • 管理室側・マンロック側の両方からシステムの操作が可能です。
  • 管理者と函内作業員が同じ画面を共有することで、より多くの目からチェックされることにより安全管理が強化されます。

管理室内とマンロック内で同じ画面を共有

 

機器設置状況

マンロック内

マンロック内

管理室

管理室