Soctec適正診断へ
計測のプロになろう
過去の計測事例
お仕事レポート
トピックス
業務案内

死角領域監視システム(気づき君)[NETIS登録]

死角領域監視システム(気づき君)は、ケーソン函内作業において、作業員が重機に接近した場合、重機オペレータと作業員、双方に接近情報を通知し、注意喚起を促すシステムです。

死角となる重機側面に通信機材を設置することで、死角領域に接近した作業員との接触事故を未然に防ぐことを目的としています。

NETIS登録番号:CB-180003-A(登録技術名称:死角領域監視システム(気づき君))

死角範囲と見える範囲

 

システムの特徴

重機に「発信機」と「全方位カメラ」を設置し、重機オペレータが「タブレット」、作業員が「スマートフォン」を携帯します。

発信機があらかじめ設定した検知範囲に信号を発し、スマートフォンが信号を受信すると、タブレットとスマートフォンが音、光(表示画面の点滅)によって、接近情報の通知と警告を発します。

検知範囲に入った場合

   検知範囲に入った場合   

タブレット(重機オペレータ側)とスマートフォン(作業員側)に接近情報が通知されます。

重機に全方位カメラを設置しているので、重機の構造上生じるオペレータの死角となる範囲のリアルタイム映像を確認することも可能です。


検知範囲から出た場合

   検知範囲から出た場合   

タブレット(重機オペレータ側)とスマートフォン(作業員側)は待機画面に戻ります。