Soctec適正診断へ
計測のプロになろう
過去の計測事例
お仕事レポート
トピックス
トピックス

「平成30年度 非破壊試験を用いたコンクリート強度測定に関する講習会」試験

2018年9月5日

国立研究開発法人 土木研究所主催の「平成30年度 非破壊試験を用いたコンクリート強度測定に関する講習会」試験に、若手社員3名(男性:1名、女性:2名)が挑戦しました。
3名とも今回が初めての挑戦でしたが、見事合格しました!!

スムーズに進んだこと、失敗してしまったこと、いろいろな感想がありましたが、“受験前後における意識の変化” や “今後の仕事に対する取り組みについて” の合格者アンケート調査を実施しました。

アンケート調査に対する、弊社代表取締役 神谷秀行の所感を下記にまとめます。

合格!

合格者アンケートに対する所感

私は講習会の内容について、すべてを把握できているわけではありませんが、合格者アンケートに目を通してみると、講習会では、測定器の使い方からではなく、機器の原理等の基礎を丁寧に学ぶことで得られる結果に対しての見識が付いたこと、試験を通して実感できたことが各自の自信につながったことなど、充実した受験になったことが感じられました。合格おめでとう。

3名の非破壊検査員の今後に期待が膨らみます。 “しっかり” お願いしますね!!

 

お取引先企業様より「優良協力会社」として表彰されました!

2018年7月12日

労働災害防止への取り組みなど、弊社の14年間にわたる実績が認められ、お取引先企業様より「優良協力会社」として表彰されました。
お取引先企業様より表彰をいただけることは大変光栄なことであり、今後もこのような評価とご信頼をいただけるよう、社員一同努めて参ります。

 

死角領域監視システム(気づき君)がNETIS登録されました!

2018年5月14日

国土交通省が運営している、NETIS(新技術情報提供システム)に、弊社の『死角領域監視システム(気づき君)』が、登録されました。
NETIS登録番号:CB-180003-A

死角領域監視システム(気づき君)は、ケーソン函内作業中の作業員と重機との接触事故を未然に防ぐことを目的としたシステムです。
ケーソン施工支援システムとして、ご活用くださいますよう、お願い申し上げます。

ソクテックでは、建設工事事故防止に貢献するために、さまざまなシステムの開発を目指しています!今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

マンロック退函監視システム NETIS事後評価結果について

2018年4月2日

NETIS(新技術情報提供システム)は、国土交通省が運営している、民間企業等により開発された新技術に係る情報を共有及び提供するためのデータベースです。

マンロック退函監視システムは、お陰さまで5年間のNETIS掲載期間を終了し、NETIS事後評価結果にて、継続調査等を必要としない技術と評価され、『CB-120017-VE』が付与されました。今後とも、ご愛用いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

※NETIS登録技術名称:高気圧作業における退函監視システム

 

「健康診断・健康管理」担当者勉強会

2018年2月13日

2018年2月2日(金)、一般財団法人 愛知健康増進財団が主催する「健康診断・健康管理」担当者勉強会 に女性社員が参加し、「がん発生のメカニズム」、「がんを防ぐには?」、「がん検診の重要性」など、「がんの仕組み・予防・治療について」の講習を受けました。
ソクテックでは、働き方改革に対する取り組みとして、勉強会の内容をまとめた資料を回覧し、社員の健康管理、健康に対する意識向上を目指しています。

 

建設工事の交通災害等事故防止講習会

2018年2月5日

2018年1月30日(火)、日本建設業連合会中部支店と愛知県建設業協会による「建設工事の交通災害等事故防止講習会」が開催されました。
講師として、弊社代表取締役 神谷秀行が「建設車両運行の注意喚起マップシステム」など、建設工事事故を減らす取り組みについて講演し、新聞各紙に掲載されました!

日刊建設工業新聞

日刊建設工業新聞

2018年2月1日(木)掲載

日刊建設通信新聞

日刊建設通信新聞

2018年1月31日(水)掲載

建通新聞

建通新聞

2018年2月1日(木)掲載